カジノはお客様に最高のおもてなしをしていますが、イカサマが見つかったらそうはいきません。カジノゲームは運に頼るものですから、フェアにプレーすることを忘れてイカサマをする人もよくいます。映画を見ていると、カジノをだまして大金を手にするのは簡単に見えるかも知れませんが、実際のカジノのセキュリティは決して見逃さないよう、目を光らせています。テクノロジーの進歩により、イカサマをしたら簡単には逃れられなくなってきています。

カジノでは、多くの人の中からイカサマ師を見つけるのに、複数の方法を使っています。セキュリティスタッフが、おかしな行動をする人がいないか、常に見張っています。トイレ以外のいたる所に監視カメラがあり、プレイヤーたちを常に監視しています。カジノで盗みを働いたら犯罪ですが、イカサマは違います。盗みへの処罰とは違う結果を招くことになります。

勝ち金は没収されます 

イカサマで捕まったら、全部をイカサマで稼いだ訳ではなくても、勝ち金はすべて失われるでしょう。カジノには勝ち金を没収する権利があり、自分がセキュリティを出し抜けるほど賢いと思う人に対しては容赦ありません。カジノがこの権利を、大勝ちした人に対して濫用している、と文句を言うギャンブラーは後を絶ちません。しかし、名だたるカジノがそんなインチキをするとは思えません。でも、疑われるようなことはしないよう、気をつけてください。

拘束されます 

何らかの手段や物を使ってイカサマをしたと思われた場合、カジノに拘束される可能性があります。何か怪しいとカジノが判断した場合、尋問されることがあります。セキュリティガードが、誰かを怪しいと判断し拘束したとしても、それは法を犯したことにはなりません。ネバダ州のゲーム法では、カジノの就業者はセキュリティ、ウェイトレス、ディーラーから清掃員に至るまで、イカサマの疑いがある人物を尋問する権利があります。尋問するには、疑いがあるだけで十分なのです。イカサマで有罪とされた者は、カジノが正当な権利のもとに拘束します。

カジノディーラー

ブラックリストに載ります 

カジノにとって許しがたい罪とされた場合、永久にブラックリストに載せられます。カジノでは氏名その他の情報を記録し、その者が二度とカジノに出入りできないようにします。現在の顔認証技術により、ブラックリストに載っているのにカジノに入ろうとする者を、かつてより早く見つけることができます。対象者の情報は地元のゲーム委員会に提供され、全カジノでブラックリスト化されます。グリフィンブックがブラックリストに載っている者を記録しており、同地域の全カジノが、それを見ることができます。

Leave a Reply